ようこそ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2人と1匹が、一緒に暮らし始めた頃の物語。
当時書かれたものなので、今とは色々違うところも…。


 これまでのお話→【1】【2】【3】

******************************

引越しから数日経って…


『世良クンと僕』 【4】


2005年1月12日


引越しから2、3日過ぎると、僕が仕事でいない日中は
世良クンはリラックスして家でくつろぐようになったらしい。


20070419230653.jpg



新居の探検をすっかり済ませ、
今までと違ってライバルのいない一人っ子になって、
彼女にベタベタと甘えまくる日々らしい。

でも仕事を終えた僕が帰ってくるとカーテンに隠れたり2階に逃げたり。
そのほかにもしょっちゅう家具屋などが来て家具家電を運び込んでいくため、
そのたびに逃げ回るという落ち着かない日々を送っていたらしい。

すると引っ越して4日後、世良クンは血尿をした。



20070419230622.jpg



トイレの砂が赤くなっていることに気づいた彼女は
泡食って動物病院へ駆け込んだ。
近くにある動物病院は調べてあったけど、
まさかこんなに早く利用することになるとは。

病名は『ストレスによる膀胱炎』。
引越しの移動のときにおしっこを我慢気味だったことも原因らしい。
連日チャイムがなって人があがりこみ、落ち着かない日々だったろう。

それにしても…それにしても、

僕のことがそんなにもストレスだったのですか?

予想通り、家に帰ると
「とにかくもうしばらくは世良にかまわないで」
という彼女のお言葉が待っていた。



20070419230551.jpg



新婚家庭なんだかすでに子持ちなんだか分かりゃしない。

彼女はもちろん、もちろん新妻なんだけど、
ひとたび世良クンが不安げにかわいく鳴くと、
とたんに彼女は声も顔もお母さんモードになってしまう。

そのかわいさだけでも差がついてるのに、
病気にまでなられちゃあかないっこない。

悔しいけど、完敗。


                     つづく



  ↓ すでに負けてるおにーちゃんにポチ。


病気はすぐに治ったの。世良に1票クリック!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。