ようこそ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2人と1匹が、一緒に暮らし始めた頃の物語。
当時書かれたものなので、今とは色々違うところも…。


 これまでのお話→【1】【2】【3】【4】

******************************

引越しで膀胱炎になっちゃった世良。病気はすぐに治ったんだけど…?


『世良クンと僕』 【5】


2005年1月15日


世良クンはますます彼女に甘えるようになった。
風邪をひいた小学生みたいなものらしい。

以前は仕事があって、普段は夜しか家にいなかったおねえちゃんが
今や専業主婦となってずっと家にいる。
しかも5匹の中の1匹ではなく、一人っ子で完全独り占め。

夜になると変な人間がやってくるのを除けば(僕が世帯主だ!)
おねえちゃんとラブラブ二人暮し。



20070425215003.jpg



そんな世良クンの気も知らず、初めての週末がやってきた。
平日の朝方、僕が出かける前は世良クンはたいてい2階に避難している。
僕が出かけたのを見計らって彼女にまとわりつくのだそうだ。

その土曜日、2階に逃げてた世良クンはしばらくして彼女に抱かれて降りてきた。
今日もラブラブな一日の始まり、フンフン♪とでも思っていたのだろう。



20070425215653.jpg



ところがどっこい、1階には出かけていない僕がいた。
僕を見るなり真ん丸に見開かれた目ははっきりと、
「お前、まだいたのかよ!!」と言っていた。

そして階段をダダダダッと駆け上がっていった。


…借家なのに、爪あとが心配だ。


                     つづく



  ↓ まだ「同居人」じゃない?おにーちゃんにポチ。


逃げちゃった。世良に1票クリック!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。