ようこそ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2人と1匹が、一緒に暮らし始めた頃の物語。
当時書かれたものなので、今とは色々違うところも…。


 これまでのお話→【1】【2】【3】【4】【5】【6】

******************************

2人と1匹が一緒に初めての週末を過ごした後…


『世良クンと僕』 【7】


2005年1月20日


しかしこの週末以来、
一応僕は『夜いる人』から『同居人』に昇格したらしい。



20070509100805.jpg



抱っこの仕方の手ほどきを彼女から受けつつ、
おっかなびっくり抱くことができるようになった。
世良クンは毎回、ニャーと抗議のような声をあげたが、
逃げ出すことはなかった。

ひざの上に乗せたもののどうしていいか分からず、
僕も世良クンもなんだか不自然な姿勢で固まっていたら
彼女がくるりと世良クンをひっくり返していった。
なるほど、こうすれば落ち着くのか。


なでていると、なんだかバイクの排気音のような音が聞こえてくる。
おお、これがゴロゴロというものか!
僕のひざで世良クンがゴロゴロしてくれた!

油断していたら世良クンはさっと彼女のひざに移ってしまった。
そして、ゴロゴロゴロゴロゴロ…
離れていても聞こえるような盛大な音でゴロゴロしている。ふん。



20070509101157.jpg



面白いことに世良クンは、
誰の手でなでられているかはあまり気にしないらしい。

彼女のひざにいれば落ち着くようで、
なでているのが僕の手でも大満足の様子だ。
彼女はひざに置いているだけで、手は他事をしている。
僕は斜め横の椅子から変な体勢になって世良クンをなでなで。
世良クンは彼女の顔を見上げてゴロゴロゴロゴロ。

なでているのは僕なのに、僕なのに!


                     つづく



  ↓ 初ひざは意外に早かった、おにーちゃんにポチ。


ただいま妥協中?世良に1票クリック!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。