ようこそ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2人と1匹が、一緒に暮らし始めた頃の物語。
当時書かれたものなので、今とは色々違うところも…。


 これまでのお話→【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】

******************************

おにーちゃん、やっと『同居人』に昇格しまして…


『世良クンと僕』 【8】


2005年1月23日


それにしても話には聞いていたが、
これほどの甘ったれだとは思わなかった。
普通の猫はひざの上で丸くなって寝たりするものだろうと思う。
世良クンのそれは違う。
いや丸くなって寝ることもするが、べったりするときのそれは違うのだ。


べったりするときの世良クンは上半身を完全に彼女の方に向け、
両手をぺったりしっかりと彼女の胸に当てるのだ。



20070515224559.jpg



猫の身でなんて態度だ。そんなの猫じゃない。

今度から世良クンがあれをしたときは「世良クン俺にも抱かせて」と奪い取ることにしよう。



すっかりくつろいでいても、僕が帰ってくる音と共に
カーテンの後ろに隠れてしまうらしい。

そんな世良クンをおびき出すのには猫じゃらしが有効だ。
これの使い方も、だんだんコツがつかめてきた。
近過ぎず、遠過ぎず、動かし過ぎず。
いかにも取れそうな位置に置いておいて、飛びかかってきたらさっと引く。
タイミングが重要だ。



20070515224809.jpg



それにしても、このタイミングがすごく分かりやすい。
猫はクールで無表情なんてイメージがあったんだけど、
いつ飛びかかってくるか丸分かりだ。


世良クンが特別分かりやすいのか、それとも猫はみんなこうなのか?
こんなんで野生のスズメなんて捕まえたりできるのか?
僕がスズメなら顔を見てれば余裕で逃げれるぞ。



20070515224909.jpg



                     つづく



  ↓ だんだんなじんできた、世良とおにーちゃんにポチ。


仲良し?世良に1票クリック!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。