ようこそ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2人と1匹が、一緒に暮らし始めた頃の物語。
当時書かれたものなので、今とは色々違うところも…。


 これまでのお話→【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】【10】【11】【12】

******************************

だんだんと仕事が忙しい時期に入ったおにーちゃん…


『世良クンと僕』 【13】


2005年3月25日


水、木、金と目いっぱい残業になった。
一日中パソコンを扱う仕事なのでかなり肩こりがひどい。

苦しんでいると彼女が肩をもんでくれた。
彼女の肩もみはけっこう上手だと思う。

しかし本人いわく「握力がない」とのことで、持続力がない。
どのくらいかと言うと、1分も続いてはくれない。
握力の有無よりも根性の問題じゃないかと思うが、そこは黙っている。



20070618214826.jpg

             やらせにあらず。


お返しに肩をもんであげようとしたが、
彼女は生まれてこのかた肩がこったことがないという
羨ましい体質で、くすがったがるばかりである。

頭のマッサージなら大丈夫のようなので、
ツボを押しながらマッサージをしてあげた。



20070618215246.jpg



ふと、いつもどおり彼女のひざでくつろぐ世良クンが目に入った。

…猫にもツボってあるのだろうか?

ためしに額のあたりを押してみる。

ん~~~。
世良クンはなんだか気持ちよさそうに目を閉じて浸っている。

効いてる??

後頭部やら耳の付け根やら、いろいろ試してみる。
目を開いたり、頭をぷいっと振って動いちゃう場所は
いやな感じらしい。

体のほうも背骨の辺りや横腹のほうやらあちこち押してみる。
だんだんいやになったらしく、
世良クンはとうとうひざから降りてしまった。


そして、おもむろに残りごはんを勢いよく食べ始めた。
食欲増進のツボでも押しちゃったんだろうか…?

太ったらごめんよ。


                     つづく



  ↓ スキンシップを楽しむおにーちゃんにポチ。


マッサージありがと。世良に1票クリック!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。