ようこそ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2人と1匹が、一緒に暮らし始めた頃の物語。
当時書かれたものなので、今とは色々違うところも…。


 これまでのお話→【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】【10】【11】【12】【13】

******************************

冬に暮らし始めた2人と1匹、そろそろ春です。


『世良クンと僕』 【14】


2005年4月3日


すっかり暖かくなってきたら、
なぜか彼女がにわか園芸家になってしまった。



20070625220219.jpg



もともと園芸に興味があったとは聞いたこともないのだが。
どちらかと言うと水やりを忘れて
枯らしてしまったりするタイプらしいのだが。

そんな彼女が、室内の観葉植物だけでは飽き足らず、
庭と呼ぶにはおこがましい我が家の庭(花を植える場所はあるという程度)を
お花でいっぱいにしようという野望に燃えている。

やはり専業主婦になって時間があるし、
実家と違って自分のお城という感覚なのだろうか。


しかし発芽を始めたばかりのスイートピーに1日5回も張り付いて、
「種の殻をむいてしまいたい!」などと騒いでいる彼女は(僕が止めた)
やはり園芸家には向いていないように思う。



20070625215805.jpg

      今年は摘んで飾れるほど見事に咲きました。
      この年どうだったのかは聞かないでください。



家の中や外を綺麗にしてくれることは僕は大歓迎だからいいのだが、
家の中には世良クンがいる。

そして将来は外に植えるつもりの花も、
最初のうちは室内で育てなければならなかったりするらしい。

彼女の初挑戦のスイートピーは、見事に全部の種から発芽した。
なんでも小苗まで育ったら植え替えの時期らしい。

彼女は、小苗とはどのような状態のことなのか、
たとえば何センチくらいとか何週間くらいとか、
説明書きが少なすぎると怒っていた。

しかし素人判断でも、
双葉もひらいてないような状態はまだ小苗ではないと思われた。

そして双葉のひらいていない発芽したばかりのスイートピーは、
世良クンが食べるための猫草と非常に似ていたと認めざるを得ない。

当然の帰結として発芽から1週間も経っていないスイートピーは
彼女のガードをかいくぐって一瞬の隙をついた世良クンによって、
災難に見舞われることとなった。



20070625220714.jpg



そして緊急避難的に、小苗には程遠い状態で外に植え替えられた。
まだ寒い日もあるのにかわいそうに。
でも室内のほうが安全じゃないから仕方ない。

無事育ってくれるのか、神のみぞ知る。


                     つづく



  ↓ この頃はほんとに初心者の、にわか園芸家にポチ。


つい食べちゃったの。世良に1票クリック!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。