ようこそ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
世良くんのごはんに使ってる、
魚の茹で汁はどんな風に作ってるの?という
ご質問がありましたので、
分量も何も、という感じなんですがご紹介。



20070712215045.jpg

「アジの茹で汁が好きです♪」

というか、うちの近所魚屋さんがないもので、
あまり種類が手に入りません。
たいていアジになってしまいます。

いつも量は適当なんですけど、
最近はたくさん作っておくようにしていますので、
中鍋いっぱいにお湯を沸かしてアジを丸ごと一尾投入。


ぐっつぐつと茹でて、
ゆだってきたら菜箸でほぐします。

『FinderViews』さんのお魚ごはんを作るときの方法を
参考にさせていただいてます。

骨とか頭とかを除き、茹で汁は製氷皿で冷凍保存。
身は週に1度のお魚ごはん。


20070630224705.jpg

こちらは前回作ったイワシの茹で汁なんですけど、
アジと比べてイワシのほうが魚油がたくさん出てまして、
なんか油っぽい茹で汁になってしまいました。
世良の好みとしてはアジのほうが好きみたいです。
あっさりが好きなようで。


ので、

20070712221601.jpg

アジで作り直し。


おや?身がちょっとずつ入ってますね…。

そうなんです。

実は無類のお魚スキーだった世良に、
最近劇的な変化が起こったんです。


魚のごはんをあんまり食べなくなった…。


20070712222036.jpg

「生肉のほうが好き…」


ええええっ??!


そんな馬鹿な!そんなはずは!

そもそも魚の茹で汁をごはんにかけているのだって、
お魚大好きな世良くんが完全手作りごはんを食べれるように
そのフレーバーに、と思って始めたことです。

そして茹で汁を取って、残りの身のほうは週に1度のお魚ごはん。
生肉ごはんも好きだけど、やっぱりお魚ごはんは大好きな、
そんな世良くんのためのお楽しみ。

だったはずなのに。

骨までガリガリと食べつくす勢い、だったのに。


最初は、たまたまか?夏だから食欲ない?とか思ったんですが、
3週連続でお魚ごはんを半分ほどしか食べてくれなくて、
どうやらもう、間違いない。


世良はお魚派から、生肉派へと完全に転身したのです。


手作り食に変えたころはお肉も好きだけど圧倒的にお魚!だったのに。
ほんの2ヶ月ほどでこの変化…正直、びっくりです。



20070712223435.jpg

「てへ♪」


というわけで、
茹で汁を作った身をほぐしてお魚ごはんができなくなったんで、
仕方なく茹で汁に少しずつ混ぜて凍らせて、
ちょっとずつごはんに入れていくことにしたんです。

それで最近のごはんには「アジ4g」とか入ってるんです。


でもこうすると、
栄養計算表の「腎臓比率」とか「n6:n3」とかの数値が
なんだかいい感じになりました。


えっと、腎臓を気遣いたい場合には気をつけたほうがいい数値で…ええと。

よく分かってないですが、めでたしです。



  ↓ めでたし!


生肉!!世良に1票クリック!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。