ようこそ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2人と1匹が、一緒に暮らし始めた頃の物語。
当時書かれたものなので、今とは色々違うところも…。


 これまでのお話→【1】【2】【3】【4】【5】【6】【7】【8】【9】【10】【11】【12】【13】【14】【15】
【16】【17】【18】【19】


******************************

世良のお気に入りの場所は…?


『世良クンと僕』 【20】


2005年初夏


最近、椅子が足りない。


もともと我が家ではテーブルの椅子を2つしか出していない。
二人暮しなのでお客さんが来るとき以外はしまいこんでいるのだ。
なぜそれで椅子が足りないかと言うと、
1匹分の勘定を忘れていたためだ。

要するに最近の世良クンは、僕の椅子を指定席にしているのである。
彼女が言うには、すっかり暖かくなってきたので
ひざの上やテレビの上だと暑いことが多くなり、
椅子を選ぶようになったのだろうと。

なにもわざわざ椅子じゃなくても、床でも、
僕が買ってあげた世良クン用のベッドでもいいと思うのですが?



20070806231302.jpg

           今は世良用の椅子が出してあります。


今日も仕事を終えて帰ると、世良クンは僕の椅子でくつろいでいる。
その姿には、僕が帰ってくるとカーテンに隠れていた、以前の面影はない。

世良クン、僕は今からごはんを食べるんだけど、どいてくれない?

「ニャア~」返事はするが、どく気配はない。



20070806231545.jpg



僕は今まで、犬は猫と違って人の命令を理解するから賢い、とか思っていた。
でもその解釈はちょっと間違っていたみたいだ。

世良クンの態度を見る限り、
言われていることは十分に理解しているとしか思えない。

猫は、命令を理解しても従わないだけなんだね…。


何度か頼んでみたが一向に降りる気配はなく、
わざわざくつろぎ直す世良クン。
「降ろせばいいでしょ」と彼女が言う。


そうだ、僕が飼い主で奴はペットだ。
僕の椅子に座るのになにを遠慮することがあるものか。
意志を固めた僕は世良クンをそっと降ろし…


「ごめんねごめんね」と3回謝った。


                     つづく



  ↓ 自己主張をがんばるおにーちゃんにポチ。


ここがいいの。世良に1票クリック!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。